ブログ|帯広市西21条南で歯科をお探しの方はいしかわ歯科まで

  • 電話
  • メニュー

Q&A歯の構造と役割について

23.04.18(火)

Q.歯について教えてください

A.歯は口の中にあるとても重要な部分で、食べ物を噛むことや話すことなどの機能を果たしています。歯はエナメル質、象牙質、セメント質、歯髄といった部位から構成されています。

 

Q.歯の役割について教えてください

A.歯は口の中で様々な役割を果たしています。以下に主な歯の役割を説明します。

 

・咀嚼(そしゃく):歯は、食べ物を噛み砕いて飲み込みやすくする役割を担っています。歯がないと、食べ物を十分に噛み砕くことができず、胃腸に負担をかけることになります。

 

・話し言葉:歯は、発音を補助する役割を担っています。特に前歯や舌に振れる歯が発音に大きく影響します。

 

・外観:歯は人の外観にも影響を与えます。白く健康的な歯並びは、美しく清潔感のある印象を与えることができます。

 

・健康:歯は口の中の健康を維持するために重要な役割を果たします。虫歯や歯周病などの病気にかかると、歯を失ったり、全身の健康にも影響を及ぼすことがあります。

 

Q.歯の構造について教えてください

A.

・エナメル質は、歯の表面を覆う最も硬い物質で、主にハイドロキシアパタイトという無機物質から成っています。また、歯の機能を維持するためにとても重要で、象牙質と比べて酸に強く、虫歯や磨耗にも強い部分です。ただし、エナメル質は一度削られると再生することができないため、ブラッシングやフッ素塗布をおこなってエナメル質を守ることが必要です。

 

・象牙質は、エナメル質の下にある部分で、主にハイドロキシアパタイトという無機物質と、コラーゲンという有機物質から成っています。象牙質はエナメル質より柔らかく、虫歯や磨耗に弱いため、虫歯が進行するといっきに象牙質にまで侵食してしまいます。

 

・セメント質は、歯根の表面を覆う硬い層で、主にハイドロキシアパタイトという無機物質と、コラーゲンという有機物質から成っています。セメント質は、歯を骨に固定するために重要であり、歯周病や歯周炎などの病気が進行すると、セメント質が破壊され、歯が抜け落ちる原因となります。

 

・歯髄は、歯の中心に位置する柔らかい部分で、主に血管や神経から構成されています。歯髄は、歯の感覚や酸や温度などの刺激に反応することで、歯の健康を維持しています。

 

歯の健康を保つためには、食後のブラッシングやフロスが大切です。また、健康的な食生活を維持し、歯科医院での定期検診も必要です。歯に問題がある場合は早めに歯科医師に相談してください。