帯広市西21条南で歯科・歯医者をお探しの方はいしかわ歯科まで

  • 電話
  • メニュー
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

INFORMATION

  • 2022.12.19(月)[ 新着情報 ]
    年末年始 休診のお知らせ

    年末年始の休診のお知らせ

    期間

    12月29日(木)午後~令和5年1月4日(水)

    ご理解のほどよろしくお願いします。

     

  • 2022.12.18(日)[ 新着情報 ]
    当院の駐車場が拡張されました

    当院西側の駐車場拡張工事が完了し、通常の使用が可能となりました。

    それに伴いテキサス様北側のいしかわ歯科臨時駐車場は閉鎖となりましたのでお知らせいたします。

  • 2022.12.18(日)[ 新着情報 ]
    12月診療時間変更のお知らせ

    12月28日(水) 診療します
    午前の部  9:00~12:30
    午後の部 13:30~17:00

    12月29日(木)
    午前の部  9:00~11:30
    午後の部 休診

  • 2022.08.28(日)[ ブログ更新 ]
    Q&A 歯のホワイトニングとは
  • 2022.08.23(火)[ 新着情報 ]
    駐車場のお知らせ

    当院西側の駐車場が拡張され、砂利の状態ですが利用できるようになりました。

    長い間ご不便をおかけしました。

    今後アスファルト舗装をおこないますが、

    その際はテキサス様北側の臨時駐車場をご利用ください。

診療時間
  日・祝
9:00~12:30
13:30~17:00
☆土曜は16:00まで(第3土曜は午前診療)
△第3水曜は9:00~12:30(その他の水曜は休診)
休診日:水曜(第3水曜以外)・日曜・祝日・第3土曜午後
(振替診療をおこなうことがあります。詳しくは下記カレンダーまたはブログにてご確認 ください。)
  • 受付終了時間は診察終了45分前までとなります。
  • 事前にご連絡をいただいた場合はご対応できる場合もございますが、受付時間を過ぎてのご来院は午後もしくは翌日以降の再受診をお願いする場合がございます。ご了承下さい。

  • 精密根管治療
  • ダイレクトボンディング
  • セラミック治療
  • ホワイトニング
  • 歯科衛生士募集中

院長 : 石川 一郎 (Ichiro Ishikawa)

はじめまして、院長の石川です。私はむし歯や歯周病などの一般歯科だけではなく、精密根管治療と審美治療そして予防を得意としています。 むし歯や歯周病、自然な見た目を回復する治療でのオールセラミック、ダイレクトボンディング、ラミネートベニア、ホワイトニングなど、患者様の現在のお悩みに合わせて丁寧に拝見させていただきます。
いしかわ歯科では、以下のような症状でお悩みの方が多く来院されています。

  • 治療した歯が痛い
  • 銀歯から白い歯に変えたい
  • 歯を残したいので予防をしたい
  • ホワイトニングで白い歯を保ちたい

皆様のお悩みが解決できるよう、精一杯サポートいたします。

いしかわ歯科が大切にしていること
Concept

患者様に寄り添った診療

まずは、患者様のご希望をしっかりとお伺いできるように丁寧にカウンセリングを行います。説明の際は言葉だけでなく、モニターを使用して視覚的にもわかりやすくするなど、ご自身のお口の中を知っていただけるように努めています。患者様と一緒に治療計画を立案し、ご納得いただいた上で治療を開始します。

徹底的な衛生管理で、
安心・安全の診療空間

治療技術を向上させることはもちろんですが、患者様に最適な診療をご提供するためには、設備も充実させることが重要です。そこで、いしかわ歯科ではマイクロスコープ、デジタルレントゲンなどを導入して診査・診断を行っています。また、ヨーロッパ基準のクラスB滅菌器などを導入して、衛生管理も徹底して行えるようになっています。安心・安全をあたりまえに、患者様の健康をお守りします。

院内・設備紹介
Clinic Guide

  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • 診療室

    患者様がリラックスしながら治療を受けていただけるようにしています。診療台も体に負担のかからない設計のものを導入しています。

  • イメージ画像

    滅菌器

    使用した治療器具を完全に滅菌するために、クラスBの滅菌器を導入しています。

  • イメージ画像

    マイクロスコープ

    マイクロスコープを使うことで、細かい場所まで目で確認しながら 治療することが可能となりました。 感染源を確認しながら再発防 止に努めます。

ページのトップへ戻る