精密根管治療|帯広市西21条南で歯科をお探しの方はいしかわ歯科まで

  • 電話
  • メニュー

なるべくご自身の歯をいかす治療

  • 根っこの治療を行ったけれども、治療の効果が表れない
  • むし歯が進行して抜歯が必要だと言われたが、できれば歯を残したい
  • 同じ箇所のむし歯を繰り返している

このようなお悩みの方はご相談ください。
いしかわ歯科では、マイクロスコープなどの最新設備を使用し、
精度の高い精密根管治療を行います。

根管治療について

根管とは

イメージ画像

歯はエナメル質、象牙質、歯髄とで構成されています。根管とは歯髄が通っている管のことで、歯に栄養や食べ物の温度、痛みを伝えるために重要な役割を持っています。人によって異なりますが、幾重にも道が分かれていたり、かぎ爪のようになっていたり、木の根っこのような形をしているのが特徴です。

根管治療が必要な状態

イメージ画像

歯髄までむし歯が到達してしまった場合に根管治療が必要になります。歯の神経までむし歯が進行してしまっている状態なので、とても強い痛みがある人は根管治療の対象になる可能性があります。その場合、根管治療をしないと細菌が顎の骨まで広がってしまい、症状がさらに進行してしまいます。

精密根管治療の重要性

イメージ画像

一般的にほとんど多くの神経の管(根管)の治療は、X線写真を見ながら鏡で反射した像を肉眼で確認し、指の感覚と根管長測定機の数値を捕らえて、これらを駆使しながら経験と勘に頼る治療が行われます。 歯科医師はその環境下で一生懸命治療にあたっています。
このような方法でいくら治療しても治らない根管治療を見ると、根管に感染が残っていたり、肉眼では探すことがとても難しい根管が見落とされていたりすることが非常に多いのです。
精密根管治療は、ラバーダムを装着することで無菌的に処置を行い、マイクロスコープを駆使して目で見えなかったものを視覚的に捕らえ、ニッケルチタンファイルなどを用いて器具を到達させて徹底的に根の中の感染源を除去し、根の中に薬をつめるという「極めて効率的で確実な治療方法」です。

精密根管治療の特徴

イメージ画像

マイクロスコープによる精度の高い治療

マイクロスコープ(顕微鏡)を使用することで、4倍から25倍に拡大して肉眼はもちろん拡大鏡でも確認しにくい根管の状態(歯の根の中にある神経や血管が通る管)や根の亀裂などをはっきりと確認することが可能です。

マイクロスコープでより安全、精度の高い治療をご提供することができます。

イメージ画像

無菌処置を行う環境を作る

お口の中には唾液や様々な細菌が存在しているので、根管治療の際は細心の注意を払う必要があります。根管治療の際は、ラバーダムという薄いゴム製シートを治療する歯以外に覆い被せて、唾液や細菌が治療箇所に侵入することを防止します。ラバーダムを使用することで、無菌的な処置を行うことができます。

イメージ画像

ニッケルチタンファイルで負担の少ない治療を

ファイルとは根の治療に用いる器具のことで、根管内の細菌に汚染された組織の除去を行います。

ニッケルチタンファイルは従来のステンレス製のファイルと比べて弾力性、柔軟性が高いという特性があるため、徹底的に感染部分を除去することが可能です。
また本来の神経の管の形を損なうこともなく、湾曲根管の治療にも適しています。
アメリカではニッケルチタンファイルを根管治療に使用する歯科医師は8割以上と広く普及していますが、日本の一般的な根管治療では今後の普及が見込まれてはいるもののまだ2割程度というのが現状と言われています。

なぜ精密根管治療が必要なのか

イメージ画像

生きた神経を取り除く治療(抜髄処置)を行った場合、日本ではおよそ45%が再治療になると、統計が出ています。アメリカの歯内療法専門医が行う抜髄処置の成功率は95%で、専門医ではなくとも適切な方法をとれば成功率90%(5年成功率)と非常に高いのです。
また、日本の場合、専門医による治療を行っても、歯の根の先に病巣がある場合の再治療の成功率は62%にとどまります。
日本の保険診療は、保険制度で決められた材料、薬剤のみを使用した診療となり、料金も定められてしまいます。そのため、部分的な疾患を治す治療にとどまり、再発が増えてしまうことが考えられます。
歯は治療を繰り返すほどもろく弱くなります。神経をとる治療で根の中に細菌が入ってしまうと、後で根の先が化膿することがあり、その場合根の再治療が必要です。そうならないためにも最初の神経治療をいかに確実に行うかがポイントとなります。

精密根管治療は自由診療となります

イメージ画像

抜髄処置の場合は、処置中の細菌感染リスクを可能な限り下げて治療成功率を90%前後にまで引き上げることです(感染根管処置も同様の考えです)。日本の抜髄治療の約45%が再治療になります。

根管は非常に複雑な形態をしています。そのため器具や薬剤の届かないところに細菌感染が及んでしまっている場合は残念ながら治癒しないことがあり、それは治療の限界を意味しています。また歯根が割れていると治療は不可能です。その他にも治癒しないケースがあります。

精密根管治療は、すべての歯が抜かずにすむわけではありません。
しかし抜かずに残すことのできる歯もあるのです。適応可能な症例に対して精密根管治療を施させていただきます。

マイクロスコープでより安全、精度の高い治療をご提供することができます。

初診で行うこと

イメージ画像

抜初診では痛みを取り除くのみにとどめて、基本的に治療は行いません。まずはお口の状態をしっかり把握し、丁寧に治療内容をご説明いたします。

  • 歯のレントゲン写真撮影
  • 口腔内の診査・診断
  • カウンセリング・今後行う治療についての説明