審美歯科

美しい口元で笑顔に自信を

「銀歯が気になる」「人前で上手く笑えない」口元の悩みは心に影響を与えることがあります。実際、治療後に「長年の悩みが解消し、気持ちが前向きになった」など喜びのお声を頂くことが多く、来院者様の今後の幸せな人生へのお手伝いができたのではないかと、とてもうれしく思います。

「最高の笑顔で、毎日が幸せに」これが、いしかわ歯科の考える審美歯科治療です。

治療内容

当院のこだわり

機能性に優れたものはもちろん、精密性を兼ね備え審美性を追求する治療を行っております。

マイクロスコープ

  肉眼で詰め物の治療をする際、材料と歯の間に見えない隙間ができることがあります。

細かな隙間は虫歯の再発の原因となります。

マイクロスコープを使用することで、細かな確認と仕上げが可能です。

またセラミックのかぶせ物にはミクロン単位で調整しながら装着ができます。

歯の色合わせは非常に重要 〜 見た目だけではなく正確に歯の色を判断

  セラミックやダイレクトボンディングの治療において歯の色の選択は非常に重要です。

通常人工歯の色を決めるときは、肉眼で色見本を見ながら決定するのがポピュラーな方法です。しかし色の細かな識別は難しく、周囲の歯と色の調和はもちろん仕上がりにも大きく影響します。

当院で使用しているVITAシェードガイドは、歯の色を見た目だけではなく数値化することにより正確に色の確認を行うことが可能です。セラミックやダイレクトボンディングの治療において非常に有効な装置です。

歯肉圧排

天然歯のようなフィット感の出る歯を作製するには、歯茎の下を持ち上げた状態で作業することが必要です。歯と歯茎の間に細い糸を入れ歯茎の下を持ち上げた状態にすることを歯肉圧排と言います。このことで自然な感じに仕上がり、また歯とかぶせ物の間の隙間が生じるのを防ぐため、虫歯予防にもなります。

シリコン印象材

型取りをする際、自由診療にはシリコン印象材を使用しています。保険診療で使用するアルジネート印象材と異なり、ちぎれにくく時間が経っても変形がほとんどないため、隙間や段差が生じにくい精度の高いかぶせ物の作製が可能です。

プロビジョナルレストレーション

プロビジョナルレストレーション(Provisional restoration)とは、最終的に出来上がるかぶせ物が入る間まで使用する、仮の歯のことです。必要に応じて来院者様の理想の歯の形を製作し、実際に仮歯としてお口の中に装着します。このようなシュミレーションを行うことにより噛み合わせや審美性に問題がないかをチェックし、初めて理想の歯が出来上がります。

技術力に優れた歯科技工所との提携

当院では技術力のある歯科技工所と提携して機能性に優れ自然で美しい歯を提供します。

このページのトップへ

診療科目

予防歯科・一般歯科
小児歯科・審美歯科
ホワイトニング・機能矯正歯科
インプラント

診療時間

平日 9:00-18:00
土曜 9:00-17:00
休診 水日祝 第3土午後

アクセス

帯広市西21条南2-26-3
0155-35-2442
詳しいアクセスはこちら

いしかわ歯科 小児サイト
いしかわ歯科 携帯サイト
携帯サイト
クレジットカード 取り扱い